普段から紫外線対策や保湿に気を付けよう!

TBCだけではないのですが、エステサロンや脱毛サロン、医療レーザーを使用している医療機関で行われている光を使った脱毛すべてに共通していることではありますが、脱毛をしている期間中は普段から紫外線対策保湿には十分に配慮しておくことが必要です。

その理由は下記の通りです。
 

1.脱毛は皮膚の下で火傷を起こす行為に似ています。

脱毛マシンから照射される光やレーザーは黒い色に対して熱を発生させる方法です。そのため毛根部分に特に強く反応するよう当日までに表面に出ている毛の自己処理が必要であったりします。

まず第一に知っておきたいのは発毛のメカニズムです。発毛の根本部分である毛根では、血管の栄養を毛乳頭が吸い上げて毛母細胞に渡します。
栄養を受け取った毛母細胞は細胞分裂を繰り返して毛を成長させていきます。

その毛母細胞が細胞分裂を繰り返す際に分泌するのが黒い色のメラニンです。黒色メラニンは脱毛マシンから照射される光やレーザーを集めやすいという特徴があり、脱毛機から光が照射されると熱を集めて毛母細胞がダメージを受けます。そのことで毛根自体が不活性な状況になるため毛が再生して来ないようになるのです。

つまり脱毛の施術というのは熱を持たせて脱毛の処理を行うので、乾燥しやすくなるという事なのです。

その為、普段から保湿ケアを十分に行っおくことでトラブルが起こりづらくなるのです。

 

2.脱毛を開始したら紫外線対策が重要

紫外線は日焼けを促すため実は非常に大きな問題になるのです。
先ほども書きましたが脱毛マシンは黒色のメラニンに反応して熱を持たせる方法です。

ここで問題になるのが紫外線による日焼けを起こしてしまった際のお肌の黒さの原因も「黒色メラニン」なのです。

その為、TBCでは、日焼けした肌の人は、脱毛をお断りしています1か月程度の間隔を開けさせられてしまうので、注意が必要です。