火傷(ヤケド)のようなトラブルは?

ニュースなどで脱毛サロンや医療機関の脱毛のトラブルを耳にすることがあると思います。
脱毛を初めてされる方はどうしてもこういったニュースが気になるってしまいますよね。

このようなトラブルの原因は光を使った脱毛が脱毛方法が毛根部分を熱によって毛根が細胞分裂しないようにする事で脱毛をする方法を採用しているので、その熱で火傷(やけど)のような状態になることがあるのです。
TBCでの脱毛はこういったリスクをどのように回避しているのかを解説します!

1.なぜ火傷するのか

やけどの原因はフラッシュ脱毛が黒い色に光を当てることで熱を発生させる仕組みであるためです。
TBCの脱毛機は日本人の肌に合った脱毛機を使用しているため発生させる熱を最小限にすることができます。

2.日焼けした肌には脱毛をお断りします

脱毛のトラブルでよくあることなのですが日焼けした状態の肌に対する脱毛です。黒色のメラニンに反応する仕組みで、毛根部分にアプローチしているので、日焼けした肌への処理は危険です。
TBCでは、日焼けした肌に対しては、脱毛することができません


日焼けした状態で脱毛をすることは大きなトラブルの原因になりますのでTBCでは施術をしていません。

また、日焼けした肌の色が落ち着いてきても、皮膚の下では、1か月程度、日焼けした状態が続いているので、1か月以上の間隔を空けての処理を徹底しています。

 

3.美肌への有効成分で保湿ケア

トラブルの原因がやけどであることからもわかることですが、やけどの際の処置として適切なことといえば「冷やすこと」「乾燥させないこと」です。
やけどが起こる前提のような書き方ではありますが、あらかじめそれらの対処をした上で熱を与えることはやけどの予防にもなります。

TBCで使用する脱毛時のケア用品には保湿ケアだけでなく美肌成分の入ったローションなども使用しますので脱毛時のトラブルが非常に少ないのです。