日焼けや、タトゥー(刺青)は施術できない

TBCの脱毛の脱毛方法は通常の皮膚の色には反応せず、毛の黒色のメラニンに反応する仕組みで脱毛を行っています。

そのために、日焼けした肌やタトゥー(刺青)の入り色が濃いパーツへの脱毛ができません

なぜ、脱毛ができないのか、その理由を理解しましょう。

 

1.日焼けした肌やタトゥーが入った部分に脱毛ができない理由

脱毛マシンの仕組みは毛の黒い色の元であるメラニンに向かって光を照射して、熱を発生させることで毛にダメージを与えて脱毛を行っています。
そのためメラニンがある場所には同様に高熱を発生させてしまいます。

また、メラニン以外にも色の濃い部分への照射で同様の事態が起こってしまいます

さらにタトゥーや刺青の場合、脱毛することで毛穴が小さくなるので入れてある絵柄などに影響を及ぼす可能性もあります。
 

2.タトゥーがある部位はどうやって脱毛するの?

タトゥーや刺青の場合その個所への施術ができないだけで周辺の脱毛は可能です。
その際には
肌トラブルを起こす可能性があるので、刺青がある部分はガーゼで多い、脱毛マシンの光をさえぎって、その部分を回避して脱毛を行います

 

3.日焼けした場合はどうなるの?

日焼けしてしまった場合は、基本的には脱毛が出来ません。

全く日に焼けていないパーツへの脱毛は可能である場合もありますが、基本的には脱毛が不可能だと考えてくさい。

また、日焼けの色が落ち着いてきても、すぐに脱毛できる訳ではありません

皮膚表面の色が小麦色から本来の肌色に戻っても、皮膚の下では、日焼けが広がっています。
大体1か月程度は皮膚の下で日焼けが広がっているので、1か月程度は、脱毛の施術を再開ができません