未成年者や学生は同意書でTBCの契約が可能

未成年者や学生の場合はどの脱毛サロンでもエステサロンでも一般社会人と同様の流れで契約することは難しいのです。

それは社会的な信用や身体的な部分への配慮などの理由から親権者の同意がなければ契約ができないルールになっています。

契約するにあたっては親権者の立ち合いもしくは同意書が必要となってきます。

 

1.同意書があれば、親権者不在で契約ができる

TBCでは、同意書を用意しています。初回の無料カウンセリング時は、同意書は必要がありません

ただし、契約の際には、親権者が店舗に同席しないと契約ができません。これは、どこのサロンでも同様です。

ですが、TBCでは同意書があれば、契約が可能です。

 

2.TBCの同意書の内容

同意書には、契約する人の名前と、生年月日、同意書を記入した日また、親権者の情報を明記して、捺印してもらうだけで、契約が可能です。

TBCの同意書のダウンロードはコチラから

 

3.同意書以外に必要なもの

同意書だけではなく、いくつか持参する必要があります。学生の場合は学生証が必要です。20歳を過ぎている大学生や専門学校生などもこれに含まれます。

また、学生以外の未成年者の場合は、自動車運転免許証、保険証、パスポート、外国人登録証などの身分証明書の持参が必要になります。
これは同意書だけでは生年月日などをごまかしたうえで偽造してしまうことを想定した対処になっていますので、必ず親権者の同意をとってください。

 

4.未成年者でもローンでの契約は可能?

学生カードがあればクレジットカード払いが可能です。ただし限度額まで支払しかできませんので限度額を確認をしておく必要があります。

限度額についてはカード会社に確認しましょう。

また、TBCで提携しているローンのTBCリボクレジットを活用する場合は、保証人を立てる人が必要なので保証人になる人に事前に確認しておくとよいでしょう。

審査中に、ローン会社から電話が行きます。