妊娠したら出産まで休止扱い?料金は?

妊娠期間に入ると、エステサロンの脱毛コースや医療機関の脱毛も脱毛のお手入れができません。

具体的にどういった扱いになるのか?なぜ脱毛ができないのか?しっかりと覚えておくことで妊娠というおめでたいことが起きた場合にも焦らず対応できますので一度頭に入れておくとよいでしょう。

 

1.妊娠期間に脱毛が出来ない理由

まず第一に脱毛マシンの影響が母体や胎児に悪影響を及ぼすことは一切ありません!

なぜかというとそもそも脱毛に使用する光は可視光線であり紫外線やエックス線など目に見えない有害な光ではありません。

また、脱毛マシンの効果は、皮膚の下の3ミリ程度の毛根部分なのでおなかの胎児まで届くこともありません。

問題なのは妊娠をした時に崩れるホルモンバランスの影響が一番大きいのです。

妊娠すると体質が変わるという話を聞いたことがありませんか?

それは、ホルモンバランスが崩れてしまうことで様々な症状が起きてしまうのです。

そのようなデリケートな状態であるときに脱毛のお手入れを行ってしまうと脱毛の効果が発揮できずむだになるだけでなく、毛深くなってしまうなどの問題が起こってしまう可能性がある為です。

 

2.いつごろから脱毛が再開できるの?

個人差があるため一概には言えないのですが、目安としてはホルモンバランスが安定してくる、出産後2回程度、安定的に、生理が来たタイミングや授乳後1か月が経過した後などが脱毛の再開の目と言われています。

授乳中もホルモンバランスが安定しない方もいらっしゃいますのでスタッフとしっかり相談しましょう。

3.妊娠した場合の契約は?

妊娠すると、休止扱いになります。休止期間中は料金はもちろん発生しません。

出産後体調が安定してから改めてカウンセリングを行ったうえで脱毛するのに問題なければ再開できます。

 

4.出産後毛深くなっても大丈夫?

大丈夫です。TBCの脱毛方法は毛根の黒色のメラニンに向けて照射されるものです。

もし、毛深くなったり色が濃くなったり太い毛が生成されると逆に脱毛の光の効果が強く出るため効率よく脱毛ができるとお考えください。