VIOライン(ハイジニーナ)の施術方法、通う回数は?

TBCの脱毛の人気の部位にの中にアンダーヘアと呼ばれるビキニラインを含むVIOライン(ハイジニーナ)の脱毛があります。

VIOライン脱毛がなぜTBCで人気なのか具体的に、VIOラインのムダ毛の特長と、TBCが他のサロンとの違いを解説していきます!

 

1.VIOラインの脱毛(ハイジニーナ)の特徴

VIOラインの脱毛は基本的に痛みが伴います。
毛の質は人それぞれで、一概に言えませんが、一般的には毛の量が多く、しっかりとした毛質であると言えます。

また、毛根が他のムダ毛に比べて、毛根が深い位置にあるのも特徴です。そのため毛根から神経までの距離が近く、痛みを感じやすいパーツなのです。

 

2.TBCのVIOラインの脱毛の特徴

TBCはエステサロンとしての長年の実績から日本人の肌に一番合った脱毛機を使用しています。
こういった試みは歴史の浅いエステサロンや脱毛サロンにはできません。

VIOラインの脱毛というのはどうしても痛みが伴いやすいパーツです。デリケートなエリアだからこそ統計的にも日本人に合っている脱毛機を使用することでデリケートなVIO脱毛も安心なのです。
 

3.どの位のペースで何回程度通う必要がある?

個人差が多い部分ですのであくまでも目安となりますが、4回程度で効果を実感できるという方が多いようです。また、6~8回前後で、自己処理をしなくても、問題ない水準に達します。

また、2~3か月に1度のペースでの通いが平均的です。

 

4.そもそも具体的にVIOって?

TBCでもいえることですが、VIOとハイジニーナが混ざってしまって同じものとして扱われていることがいいのですが、実は少々意味合いが違います。

ハイジニーナとはパイパン。つまり無毛状態のことです。ですが、最近では、デザインハイジニーナと言われる施術が出てきており、好きな形や量に整えると施術が増えてきています。

VIOラインというのはハイジニーナも含む(水着のビキニラインであるVライン+女性器周辺のIライン+肛門周りのOライン)を示し、それぞれをつなげて作られた言葉です。
言ってみればデザインハイジニーナに近い意味合いになってきます。

 

◆総括

毛の太さや濃さ、痛みなど様々な部分で抵抗がある方も多いパーツではありますが、TBCでは非常に人気のパーツです。
というのもやはりどうしても気になる部分でもあり、自己処理のしづらい部分でもあります。そのためTBCで脱毛をする方が多いのです。