光脱毛(ライト脱毛)を体験してきた

 光脱毛は光を用いた肌に負担の少ない脱毛法です。一度の施術で広範囲のムダ毛を処理することもでき、また費用も安いことから多くの人がこの脱毛法を利用しています。施術後は、しっかりとケアを行い肌の健康を保ちましょう。

TBCの光脱毛はどのくらいで毛が抜けるの?

  1. TBCの光脱毛ってどんなもの?
  2. 施術後2~3週間で毛が抜ける
  3. 施術後はしっかりとケアを
  4. 自己処理のやり方、気をつける点は


TBCの光脱毛ってどんなもの?

 ライト脱毛ともいわれるこのやり方は、黒い色に反応する周波数を持つ光を肌に照射することで、ムダ毛の成長を阻害して目立たなくするというものです。TBCは独自で開発した機械を使い、より痛みが少ない安全な方法で施術を行っています。TBCにはこのやり方のほかに、ムダ毛を一本ずつレーザーで処理するスーパー脱毛という方法がありますが、それに比べるとこちらは肌への負担も痛みも少ないといわれています。
 また、金額も安く、光を照射する仕組みであるため一度で広い範囲を処理できることから、多くの方に選ばれています。しかしこの方法では、肌の上にある黒に反応するので、産毛や白髪を処理することは難しいです。また、TBCなどエステは永久脱毛をうたうことは出来ないとされています。しかし、太い毛がなくなり、自己処理が楽になることから、施術後も長くムダ毛を気にすることはなくなるといわれています。

施術後2~3週間で毛が抜ける

 TBCで施術を受けると、約2~3週間ほどで毛が抜け始めるのがわかります。髪の毛が抜け毛になるように、特に痛みもありませんので、初めての方はいきなり毛が抜けるのでびっくりすることがあるかもしれません。もともと毛は、2か月程度の周期で肌の表面に出て成長し、2~3週間の退行期に入って抜け落ちるといったサイクルを繰り返しています。
 光脱毛はこの生えかけている毛、伸び始めている時期の毛に光を照射して、それ以上長くなることがないよう働きかける仕組みになっています。成長を阻害する効果もあるので、伸びてきた毛がそれ以上長くなることもありません。毛は成長を止め、そのまま自然に抜け落ちます。ただし、一度はきれいになった肌も、その下にはまだ隠れている毛があります。次の毛が伸びてくる時期に施術を受けるようにしましょう。

施術後はしっかりとケアを

 比較的肌への負担が少ないといわれるTBCの光脱毛でも、ダメージがまったくないわけではありません。施術後のケアはしっかりとして、肌にダメージが残らないようにしましょう。まず、施術当日は施術箇所に直射日光が当たらないよう注意します。施術期間中は基本的に日焼けは厳禁ですが、施術当日は特に肌が繊細になっているので、紫外線対策はしっかりと行ってください。
 また、激しい運動や飲酒も避け、汗をかかないように気をつけます。もし、汗をかいてしまった時はごしごしこするのではなく、優しく抑えるようにして汗を拭きとってください。当日は肌にほてりが残っているので、冷たいタオルで冷やしてあげることも大切です。このとき、保冷剤や氷を使うのはやめましょう。TBCでは施術後のケア用のコスメも用意しているので、気になる方はTBCの担当のスタッフに声をかけてみるとよいかもしれません。

自己処理のやり方、気をつける点は

 施術後にも毛が生えたり伸びたりすることはあります。そのため、肌をきれいに保つためには施術後にも自己処理が必要となります。光脱毛は、肌の表面に出ている毛を処理する方法です。肌の下に隠れている毛や毛根の状態にあるものは処理することができず、光を照射した毛が抜け落ちた後からそれが生えてくることがあるのです。そうしたムダ毛を処理するために、施術後の自己処理に向いているのはシェーバーです。
 肌を傷めることがないようシェービングクリームを用い、シェーバーで優しく処理しましょう、一方で、施術後の自己処理に使ってはいけないのは毛抜きです。肌を引っ張ることでダメージを深め、場合によっては毛穴の炎症を招くことにもなりかねません。