キャンセルをしなければならない時に思いだしてください

エステティックのTBCで行っているフラッシュ脱毛は「ライト脱毛」という名前で販売されています。このライト脱毛にはいくつかの注意事項があります。
そのため、人気のサロンでせっかく取った予約でもキャンセルをしなければならないこともあります。
そこで気になるのがいつまでにキャンセルをすればいいのか?また、その際にキャンセル料は発生するのかなどだと思います。
そんな気になるキャンセルについてまとめてみたいと思います。

1.いつまでにキャンセルする必要があるのか
基本的には前日までにキャンセルの連絡は入れるようにしましょう。キャンセルの連絡があれば他の方がその枠を有効利用することもできますので、なるべく早めに連絡することを心がけましょう。

2.キャンセル料はかかるのか
キャンセル料は前日までにキャンセルがされていればキャンセル料はかかりません。ですが、当日キャンセルに関しては3000円のキャンセル料がかかってしまいます。しかも、回数も消費されてしまうそうです。
このようなことにならないようしっかりと連絡をするようにしましょう。ただし、当日キャンセルでもどうしようもない理由でキャンセルしなければならない場合には別途相談に乗ってくれることもあります。
当日のキャンセルの場合でもなぜキャンセルになってしまったかというのは大事なことですので、しっかりスタッフに伝えるようにしましょう。

3.なぜ当日キャンセル料が発生してしまうのか
TBCは総合エステサロンで、非常に人気の高いサロンです。そのため、予約を取るもの大変だという話も口コミで見られてしまうほどです。そんなサロンであるため、時間は有効に利用しなければなりません。
もし、事前にキャンセルしなければならない状態であることがわかっていて、キャンセルの手続きがされていれば、その枠に他の方が入って施術を受けることができたはずです。
しかも、当日になってしまうと機材や人の配置などもその予約ありきで準備してしまいます。その調整にさらに手がかかってしまうということでキャンセル料がかかってしまうのです。

4.キャンセルの連絡を入れる時の準備
キャンセルの連絡はなるべく早く入れた方がよいことは間違いありません。ですが、何の準備もせずに連絡するのは避けた方がよいのです。なぜなら、脱毛の施術というのは毛周期という毛の生え代わりの周期に合わせて脱毛をしていくものです。そのため、キャンセルと同時にその回の分をいつに振り返るのかという話になります。
そのため、いつだったら都合がつくのかをあらかじめ準備しておくとよいでしょう。その時も毛周期の問題もありますので、その部分もしっかり相談しながら決めるようにしましょう。

5.脱毛の施術をキャンセルした方がいいときとは?
施術の予約を取るのは大変です。そうしてとった予約なのでどうしても施術を受けたいという考えをされる方はいらっしゃるかと思います。ですが、ある条件の時は施術をキャンセルしてしまった方がいいことだってあるのです。
どのような時かをいくつか例を挙げてみます。

■生理の時
生理の時は脱毛の施術は避けた方がいいのです。生理の時というのは大前提としてデリケートゾーンの脱毛、つまりハイジニーナ脱毛やVIO脱毛はできません。デリケートゾーンの脱毛がある方はまずキャンセルするようにしましょう。
このような理由であれば当日でもキャンセルさせてもらえるかと思います。また、デリケートゾーン以外に関してもあまり生理中の脱毛はおすすめできません。
なぜなら生理時はホルモンバランスが崩れており、そのようなタイミングで脱毛をしてしまうと硬毛化や多毛化のトラブルが起きやすいといわれているのです。

■風邪をひいているとき
風邪をひいている時も注意が必要です。特に熱があるときは体温が上がっているため、脱毛時の熱を抑えるための冷却機能の効きが悪くなってしまうことがあります。

この記事に関連するコラム

ハイジニーナ脱毛って何?

  • 登録日:2015-10-22 12:00:00

エステティックサロンのTBCで脱毛をする方に人気のパーツというとどのようなものがあるかというと両ワキなどが思い浮かぶかもしれませんが、実はアンダーヘア、つまりVIOラインの脱毛が人気なのです。 このV...続きを読む


TBCにはハイジニーナは無いの?口コミでは評判なのに…

  • 登録日:2014-08-18 12:00:00

エステティックサロンのTBCには「VIO5」というコースがあります。これはVIO脱毛を2回行うコースで最近特に人気のコースです。 VIO脱毛はしていますが、脱毛サロンなどでよく見かける表記として「ハイ...続きを読む