Vラインの黒ずみが原因で脱毛出来ない?

エステティックサロンのTBCは非常に多くの方を施術した経験を生かした脱毛が可能なサロンです。エステの施術でお肌の知識も脱毛サロンよりも高いレベルでケアをしてくれることでしょう。
そんなお肌をしっかりケアしてくれるTBCでも脱毛をすることができない場合があるのはご存知でしょうか?
脱毛が出来ないケースというのをまとめてみたいと思いますので、これから脱毛をはじめる方も既に始めている方ももう一度理解しておくといいかもしれません。
ただし、これはフラッシュ脱毛を用いるライト脱毛についての説明です。

1.日焼けのお肌に脱毛はNG
これは無料カウンセリングでも必ずと言っていいほど注意される点だと思います。脱毛期間中の日焼けは絶対に避けましょう。この注意はどのサロンやクリニックでもされると思いますが、この注意を軽く見てはいけません。
もし日焼けをしてしまうと本当に脱毛を中止しなければならない状態になってしまうのです。なぜ日焼け程度でこのような大事になってしまうのかご存知でしょうか?この部分についてもお話しさせていただきます。
まずなぜ日焼けが脱毛に影響してしまうかという点から説明したいと思います。このことを理解するためにはフラッシュ脱毛の仕組みを知っておかなければならないのです。
フラッシュ脱毛というのは名前から見ると光で脱毛をする施術のように見えてしまうかもしれませんが、実は光で脱毛をするわけではありません。光はあくまでもきっかけに過ぎないのです。
どういうことかというと脱毛機から照射される光をお肌に充てると、黒い色の部分や色の濃い部分で光が優先的に吸収されます。ですが、この光に脱毛効果があるわけではありません。吸収された光は熱に変換されて、毛の周りに高熱が発生するのです。
この熱が毛を熱処理してしまうというのがフラッシュ脱毛の仕組みなのです。この仕組み上お肌が日焼けして褐色だと大きな問題が起こります。それはお肌の表面でも光が吸収されてしまうためです。光が吸収されれば当然そこには高熱が発生してしまいます。
つまりやけどになってしまうのです。この問題がある為、日焼けしたお肌に脱毛をすることが出来ないのです。

2.ほくろの上も脱毛出来ません
ホクロも実は脱毛が出来ない部分です。これは先ほどと同じく黒い色であるため、ほくろの上で光が吸収されてしまい、やけどが発生してしまうためです。
ですが、ほくろがあるからと言ってそのパーツすべてが脱毛出来ないというわけではありません。ほくろの場合には白いシールなどでほくろに光が当たらないようにケアしたうえで、脱毛をしていくことができます。ですが、シールに隠れた部分は保護されているだけあり、脱毛効果は出ません。
そのため、シールの跡からは毛が生えてきてしまいます。あまりにもほくろの数が多い場合にはこの点も大きな問題になります。

3.Vラインの黒ずみも十分注意
Vラインの黒ずみに悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。実はこのVラインの黒ずみも場合によっては脱毛が出来ない条件になってしまいます。
なぜかというと色の問題もそうですが、黒ずみの元がメラニンであるためです。先ほど軽く説明した脱毛の仕組みでお話ししたところではありますが、脱毛機が本来熱を発生させたいのは毛です。毛の意図というのはメラニン色素によるものなのです。
そのため、脱毛機の光はメラニンに反応しやすい光を使用しているのです。そのため、黒ずみに対しても効率的に吸収されてしまう可能性があるのです。
これはVラインだけの問題ではありません。そのほかにも両ワキの黒ずみに悩む女性もいらっしゃると思います。当然ですが、この黒ずみに関しても同じことが言えてしまうのです。
黒ずみというのはホワイトニングケアをすることで改善することもありますので、気になった方は先にケアを初めておく方がいいかもしれません。

この記事に関連するコラム

ムダ毛の処理に回数がかかってしまう理由は?

  • 登録日:2015-06-11 12:00:00

エスティックサロンのTBCでは2種類の方法で脱毛を行っていますが、そのどちらの脱毛もその場できれいになったとしてもしれで脱毛が完了するわけではありません。 まずTBCの2種類の脱毛方法とは ・スーパー...続きを読む


口コミで人気のライト脱毛でビキニライン処理

  • 登録日:2014-10-29 12:00:00

ビキニラインの脱毛というのは医療レーザー脱毛よりもフラッシュ脱毛で脱毛をすることがおすすめです。 なぜならばVライン脱毛(ビキニライン脱毛)というのはどうしても痛みが出やすいため、医療レーザー脱毛より...続きを読む