脱毛にまつわる噂を検証

エステティックサロンのTBCの脱毛はエステサロンで培った知識を生かした脱毛で非常に人気の施術となっています。
その脱毛の施術には色々な噂があります。良い噂もありますし、悪い噂もあります。今回はその中からいくつかピックアップして解説したいと思います。

1.脱毛をするとワキガが治る?
脱毛をした後にワキガが治ったという噂がありますが、それは本当でしょうか?また、逆にワキガがひどくなったという話も聞きますよね?
実際はどうなのでしょうか?この点について少し詳しく考えてみたいと思います。
まず、ニオイというのはどのような原因で起きてしまうかというところをまずは解説していきます。
ニオイの原因を今回は大きく二つに分けてみたいと思います。一つはいわゆるワキガです。もう一つは細菌によるニオイです。この二つのニオイは原因が全く別なのです。

■ワキガ
ワキガのニオイというのは汗腺から発生しているといわれていますが、実は少し違います。
本当はアポクリン腺という汗腺から分泌される物質を細菌が分解する際に出てしまうものなのです。脇にはこのアポクリン腺が多いためワキでにおいが目立ってしまうことが多いのです。
このワキガの原因というのはアポクリン腺の多さであったり、食べている物の影響であったりします。動物性たんぱく質を取りすぎるとワキガのニオイはひどくなってしまうといわれています。
では、このにおいの原因は脱毛をすると改善するかというとそれはありません。脱毛をしてもアポクリン腺が減ることはありません。そのため、アポクリン腺からの分泌物も減らないので、当然ワキガが改善することはありません。
ワキガの治療にレーザーを使うこともありますが、あのレーザーと脱毛機が照射する光は違います。ワキガ治療ではアポクリン腺を焼切るものです。それに対して脱毛は毛の黒い色に光を吸収させる施術です。
そのため、施術の種類が全く違うのです。

■細菌によるニオイ
もう一方の細菌によるニオイですが、こちらは服の生乾きのニオイと原理は同じです。
こちらは汗に含まれる有機物と水分の影響で細菌が急激に増えてしまうことで発生するニオイです。このにおいは脱毛をするとおさまることがあります。
脱毛前は毛に汗がとどまることが出来ていたため、そこで細菌が増殖してしまっていました。ですが、脱毛をしてしまえば汗はお肌をすぐに流れ落ちて行くため毛の部分でとどまりません。
そのため、ニオイが発生しなくなることがあるのです。

2.脱毛をするとお肌がきれいになる
脱毛をするとお肌がきれいになる。そんな噂があります。実はこれは本当のことで、顔脱毛などはまさにこの効果を見越して脱毛される方が多いのです。
顔脱毛をする方はお肌のキメを整えるために行う方が多く、実際に顔脱毛を行うとメイクのノリがよくなったりするのです。では、なぜそのようなことが起きるのでしょうか?
まず、お肌のキメというのはどこで決まるのかというと角質の大きさや角質がどれだけきれいに並んでいるかというところです。
つまり角質をきれいに並べられるようにすればお肌がきれいになるのです。そこに脱毛がどう関係するのかというと、脱毛をすると毛穴が小さくなるというところです。
脱毛をする前はどうしても毛穴は毛の太さより小さくなることはありません。ですが、脱毛をすれば毛穴は極限まで小さくなります。
そうなるとお肌のキメが整うのを邪魔しなくなるのです。
また、毛穴が小さくなることでお肌の微妙な凹凸がなくなります。そのため、脱毛をするとお肌のくすみも改善することがあります。

3.シミやそばかすも治る?
実はこれもあり得ない話ではありません。というのも脱毛の施術というのはそもそもシミやそばかすの治療などから派生したものなのです。
元々がその治療なのであれば、脱毛の際にその影響がないと言うことは言い切れません。ですが、あくまでも脱毛の施術ですので、必ず効果があるという訳ではないことは忘れずにおきましょう。