アフターケアにはどんなものがあるのか

脱毛サロンのTBCでは長年の実績もあり、非常に安全な脱毛を行うことのできるサロンです。そのため、大手という安心感もあり非常に脱毛が人気なのですが、その安全性をもってしてもトラブルが全く起こらないというようなことはありません。
そんなトラブルの原因はサロンだけの問題ではありません。脱毛直後からしばらくの間、ご自分でアフターケアをしなければなりませんが、そのアウターケアを怠ってしまうと予想もしていなかったようなトラブルが起きてしまう可能性もあるのです。
アフターケアに関してはカウンセリングの中でも必ずお話がありますが、全てを覚えておくことはできないかもしれません。
そこで重要な部分だけをまとめてみたいと思います。

1.アフターケアをしないと起こってしまうトラブルとは?
脱毛のトラブルでよく聞くやけどや赤み、腫れなどのトラブルは元より、ニキビはシミなどのトラブルもアフターケアの不足によって起きてしまうことがあります。
そもそもこれらのトラブルが起きてしまう原因というのは脱毛時のお肌へのダメージです。このお肌のへのダメージの正体は軽度のやけどです。フラッシュ脱毛というのは熱による脱毛です。そのため、脱毛後には毛穴周りのどうしても軽度のやけどが残ってしまうものなのです。
ですが、やけどとは言ってもごく軽度なもので数日あれば完ぺきに治ってしまうようなレベルのものです。ですが、だからと言ってアフターケアを怠ってしまえば大きなトラブルにつながってしまいます。

2.ヤケドのトラブルを予防する
脱毛で最も心配なのはやはりやけどのトラブルであるといえるでしょう。
実はこのやけどというのは脱毛の施術においてどうしても避けられないものであるともいえます。
というのも脱毛というのは毛に対して高熱を発生させる施術です。高熱が発生するということは当然の周りには軽いやけどができます。
逆に言えばやけどがないということは熱が発生しきれていない為脱毛効果が薄かった可能性も否定できないというわけです。
ですが、このやけどというのは脱毛直後には非常に軽度なもので、数日もすれば完ぺきに治ってしまうようなものなのです。そうであるにも関わらず、やけどのトラブルがよく耳に入ってくるのはなぜでしょうか?
その原因こそアフターケアの不足であることが多いのです。
では、やけどを防止するためにどのようなアフターケアが必要かというと、それはお肌をしっかり冷やしていくことです。
お肌をしっかり冷やすことでやけどが悪化するのを防いでくれます。その際には塗れタオル程度が最も良いようです。
なぜなら冷却するだけなら保冷剤などもよいのですが、お肌がダメージを受けている状態でその温度は刺激が強すぎるのです。

3.紫外線にも注意
脱毛時に日焼けをしない方がよいというのはよく聞くかもしれませんが、実は脱毛直後から紫外線対策を行うべきなのです。
一般的に日焼けが脱毛によくないといわれるのは日焼けをしてしまうことで脱毛が出来なくなってしまうためです。
ですが、脱毛直後に紫外線がよくない野にはまた別の理由があります。
それはシミなどの色素沈着が起こりやすい状態であるためです。なぜならシミなどの色素沈着の元になっているのはメラニン色素ですが、メラニン色素というのはお肌を守る為に分泌されるものです。
そのため脱毛直後でお肌がデリケートになっているときに紫外線の刺激を受けるといつも以上にメラニン色素が分泌されやすいのです。
そのため脱毛直後からのケアが必要ですが、日焼け止めなどは脱毛の翌日からにしましょう。当日の日焼け止めはお肌への刺激が心配です。

4.ニキビができやすいのは本当?
これも実は本当です。先ほども説明した通り、脱毛は毛穴の中に高熱が発生してしまう施術です。その状態で毛穴の中で感染が起きてしまうとニキビになってしまうことがあります。
もしニキビが出来てしまった場合には消毒用のアルコールで消毒したうえで、アルコールやオイルの入っていない保湿ケア用品で保湿をするようにしましょう。

この記事に関連するコラム

脱毛前・脱毛後に気を付けることは?

  • 登録日:2017-10-02 12:00:00

 軽いやけどといわれる日焼けは肌への重大なダメージです。TBCでは、肌の状態が特にひどい方に対しては、脱毛施術を断ることがあります。また、ムダ毛の処理が完了するまでは徹底的に紫外線を避け、肌を焼かない...続きを読む


追加料金、追加費用は掛かってしまうのか

  • 登録日:2015-12-31 12:00:00

TBCの脱毛料金は非常にわかりやすい設定になっています。TBCといえば2種類の方法で脱毛をしていますが、その一方であるスーパー脱毛は本数で料金が決まってきます。 そのため、非常にわかりやすいかと思いま...続きを読む