TBCのお支払いはクレジットカードやショッピングローン

エステティックサロンのTBCでの脱毛の施術は比較的安いのですが、そこにはセットコースであればという条件が付いてしまうのは事実です。
TBCの脱毛といえば両わき脱毛回数フリープランが人気です。両わき脱毛は2014年12月現在500円という低価格です。
この程度であれば現金で十分ですが、パーツが増えてくると金額も増えてきてしまい、現金での支払いがちょっと心配であるという方もいらっしゃるかと思います。

例えば全身脱毛などは非常に金額が大きくなってしまいます。TBCでは全身脱毛のプランがありません。
そのためすべてのパーツをバラバラに購入してしまうとLパーツが18パーツ、Sパーツが12パーツとなり非常に高額になってしまいます。
実際に計算してみると全身6回でなんと637,200円という高額なものになってしまいます。
この金額を現金で持ち歩くのはあまりおすすめできません。

そこでお勧めのお支払方法がクレジットカードです。クレジットカードのお支払がおすすめな理由はやはり分割払いなどの支払方法が選べることです。

TBCではVISAカード、マスターカード、JCBカード、AMEX(アメリカン・エキスプレス)カードが使用できます。
利用ができる支払方法は1回払、2回払、ボーナス一括払いです。ただし、これらの支払方法は提携カードを使用すると多少変わってきてしまうことがありますので予め確認しておくことをおすすめします。
また、クレジットカードを使用する上で注意しなければならないのは「限度額」です。限度額を超える金額の取り扱いはできませんので予めあとどれくらい残っているのかを確認しておくようにしましょう。

また、ショッピングローンの取り扱いもしていいます。
TBCのショッピングローンはTBCリボクレジットというもので、その名前からもわかるとおりリボ払いの信販です。
ショッピングローンの審査を受けるには身分証明書が必要です。また、審査後に契約をする際には印鑑も必要になってきますので、忘れずに持って行ってください。

ここで注意しなければならないのが未成年の方や学生の方、主婦の方です。未成年の方や学生の方、主婦の方がローンが使えないことがあるということです。
どのような条件があるのかというとそれは「収入があるかどうか」ということです。収入があれば審査を受けることができます。

ですが、収入のない方に関しては審査を受けることができません。
未成年の方や学生の方は親権者の方の名前でローンの契約をすることができるのです。ですが、それには条件があります。
契約の段階で同席していて、契約自体は親権者の方が行うことです。

支払いに関しても言えることではありますが、未成年の方や学生の方がエステサロンでの契約をする際には親権者の方に同席していただくことをおすすめいたします。
初めてのエステの施術というのは様々なことを聞かなければなりませんし、その中には聞き漏らしてはいけないこともたくさんあります。
そのようなことを聞きもらさないようにするには親権者の方の経験が最も大事なのです。

ところで途中で書いた「リボ払い」ですが、リボ払いというのがなんだか知っていますか?
通常ローンなどを組む際には「回数」をベースにして1回の支払額が変わってきます。ですが、リボ払いというのは「金額」をベースに決めていくのです。

つまり15万円のものを購入した時に例えば3回払いという選択をするとおよそ50000円ずつ3回での支払いになります。
ですが、リボ払いで同じように支払うなら月に5万円を支払うという選択になってくるのですが、これが多すぎるという話であれば3万円ずつ5回払いというようにも変えることができるのです。
非常に便利ではありますが、利息が少々高めになる傾向がありますので注意してください。

この記事に関連するコラム

脱毛料金を比べてみた

  • 登録日:2016-01-21 12:00:00

エステサロンのTBCでは非常に高品質な脱毛が可能となっています。やはり、他のサロンと違うのは歴史あるクリニックであることと、その施術人数ではないでしょうか? 脱毛の施術はなんといってもスタッフの経験が...続きを読む


料金を安くするコツはありますか?

  • 登録日:2015-08-27 12:00:00

エステティックサロンのTBCでは脱毛の施術が人気ですが、エステの脱毛というと料金が高いというイメージがあるかもしれません。 確かに、脱毛専門ではないためにそのようなイメージがあったり、そもそもエステサ...続きを読む


全身処理しないと満足できない?

  • 登録日:2015-06-23 12:00:00

エステティックサロンのTBCでは脱毛の施術がとても人気です。特に夏が近づいてくると毎年脱毛を受けに来る方が非常に多いのです。 それはやはり水着対策ではないでしょうか?水着は露出する部分が多いため自分で...続きを読む