途中解約に必要な情報はどう扱うか

エステティックサロンのTBCで脱毛の契約をした際に覚えておいてほしいことがあります。
それは脱毛の契約後どうしようもない理由から契約の途中解除やクーリングオフをしなければならないことが出てくるかもしれません。
そのときには下記の内容をに郵送で送ると同時に手元に保存しておいてください。
・契約日時
・契約店舗名
・担当者名
・契約したコース名
・支払った金額
・決済方法
・クーリングオフを適用したい旨を明記
・本人直筆のサインと捺印
このことを共有することで脱毛の施術の解約がスムーズに進む上、情報を共有することで間違いのない手続きが出来ます。

こういったサービスの解約手続きというのはお金のやり取りが発生したりします。
返金や解約手数料など帰ってくる分や追加で支払わなければならないものが混ざっています。

そのためやり取りはすべて郵送で行い、証拠が手元に残るようにしまして、トラブルが起きないようにしましょう。

この記事に関連するコラム

クーリングオフの適用方法について

  • 登録日:2017-03-27 12:00:00

 クーリングオフは契約してから解約したいと思った消費者を守る制度です。TBCでは契約事務センターへの電話で済ませることができます。私もサロンでの契約解除に抵抗があったので、事務センターを利用しました。...続きを読む