脱毛するときに痛いと感じるパーツは?口コミどおり?

エステティックサロンのTBCでは長い経験から日本人のお肌に最も合うとされる脱毛機を選択して使用しています。
そのためお肌のトラブルが非常に少なく、痛みも少ないことで人気です。
しかし、口コミサイトなどでは、痛みが絶対にないなんて言われていません。
どういった痛みなのか?

脱毛時の痛みと一口に言っても実は2種類の痛みがあるといわれています。
一つはフラッシュ脱毛の性質上脱毛時に発生する熱によるやけどの痛みです。
これは脱毛機の性能である程度ケアが出来ています。それが評判の痛みが少ないといわれる部分です。

ですが、もう一つの痛みの原因である「脱毛時のフラッシュ照射による衝撃」に関してはこれではケアが出来ず、照射の出力で調整をしていくしかありません。
この痛みについては痛みが発生しやすいパーツがある程度分かりやすいものです。
そこで脱毛をする際にこの痛みに対して気を付けるのがお肌の表面と神経が近い部分、もっと簡単に言うならお肌と骨の間に肉のつきにくいところです。
具体的にパーツを上げるなら「両ひざ脱毛」や「両ひじ脱毛」がそれに当たります。

この部分については「痛い」ことを最初から認識しておくことで脱毛時の光の強さの調整などで痛みを抑えつつ最大限に効果の上がる方法を模索できます。